アレルギー性紫斑病の顔への影響

アレルギー性紫斑病の顔への影響

アレルギー性紫斑病の顔への影響

アレルギー性紫斑病は紫斑が出る症状が一般的ですが、顔などにも症状が出ることがあります。顔の症状はどのようになっていくものなのか、アレルギー性紫斑病で薬などを飲むと影響はあるものなのか、他に影響があるとしたら合併症はどのようなものがあるのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の顔の影響について

アレルギー性紫斑病では紫斑がいろいろなところに出ますが、顔の口まわりや鼻の下などにも紫斑が出てきます。どうしても顔は隠すことが出来ないところなので、感染するのではないかと思われてしまい精神的にも不安になることもあります。出来るだけ安静にすることが大切なので、紫斑がたくさん増えてきてしまっている時などには安静にしていることが重要です。

 

アレルギー性紫斑病で飲む薬の副作用について

アレルギー性紫斑病は紫斑が出る以外に腹痛や関節痛などの症状が出ることがあります。あまりにひどい症状がある時には、ステロイドを使用して症状をおさめることがありますが、ステロイドには副作用が出るとも言われています。ステロイドは普通の量を短期間飲む分には大丈夫ですが、長期にわたり量を多く飲むと副作用が出やすくなります。ムーンフェイスといって顔が膨らんだようにむくむような症状があらわれることがあります。

 

アレルギー性紫斑病で合併症で気を付ける病気とは

アレルギー性紫斑病がよくなっていった後に、血管性紫斑病や紫斑病性腎炎などの合併症が起こる場合があります。

 

腎炎になってしまうと腎機能の治療もしていかなければならないため、完治するまでに時間がかかります。

 

アレルギー性紫斑病は顔などにも紫斑が出ることがあります。紫斑は感染するものではありませんが、顔などに症状が出ると外などに出にくいという状況もある事もあるでしょう。動いてしまうと紫斑が増えてしまうことがあるため、できるだけ安静にするということが大切になります。

スポンサーリンク