アレルギー性紫斑病と遺伝

アレルギー性紫斑病と遺伝

アレルギー性紫斑病と遺伝

アレルギー性紫斑病は皮膚に紫斑の症状が出るため、感染するの?とか遺伝するの?とか思われがちですが、出血することによって紫斑も出たりするため、感染することはありませんし、遺伝してなるというものでもないようです。なぜ遺伝はしないと考えられているのか、出血性で遺伝するような病気があるとしたらどんなものなのか、どのような症状があるのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病は遺伝するのか

アレルギー性紫斑病は遺伝しないものと言われ、どうして遺伝性のものではないのかという理由は細菌感染症などやウイルスなどが原因で引き起こされると言われているからです。また刺激などのアレルギー反応などによっても起こることがあるため、遺伝性の要素はないと考えられています。

 

出血性で遺伝するような病気とは

同じように出血することで遺伝性のある病気は、遺伝性出血性末梢血管拡張症という病気があります。

 

この病気の場合には常染色体優性遺伝する病気で、わずかな力で出血するといわれていて、遺伝し発病します。

 

遺伝性出血性末梢血管拡張症の症状とは

同じように根本的治療がないことで、全身に出血が起こります。皮膚や粘膜や内臓にも出血が起こります。

 

出血することから紫斑病などと症状が似ていることもあるため、きちんと医師に診てもらうというのが重要となります。

 

アレルギー性紫斑病は感染する病気でも、遺伝する病気でもありません。紫斑が起こることから感染すると思われがちですが、うつらないので安心して良いでしょう。中には遺伝性出血性末梢血管拡張症という遺伝する病気などもあります。出血するという症状が似ていますがこちらは遺伝しますので、親族などに疾患している人がいたら遺伝することがあるかもしれないでしょう。

スポンサーリンク