アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状だけという場合があります。一般的にアレルギー性紫斑病は、腹痛や関節痛などの症状が共にあらわれることがありますが、紫斑のみということもあるでしょう。

 

そのような場合にはどのような対処をしていいものなのか、紫斑はどのような場所に出ることが多いものなのか、どのくらいの期間でよくなっていくものなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの場合

アレルギー性紫斑病は、最初は軽く蕁麻疹のような発疹が出ることがあり、その後に紫斑になっていくことが多いです。紫斑だけの症状である時には動いたりすると、紫斑が増えることはありますが、毎日必ず絶対安静にしなければならないということもそれほどないため、経過観察程度で十分と言えます。

 

紫斑はどのような場所に多く出るのか

紫斑は両側に相対性に出現するものなので、片方だけでるということはありません。湿疹などとの見分けはそこでするといいようです。また紫斑の出やすい場所として、躯幹、顔面、上肢などに広がっていくことが多いです。

 

着るもので圧迫する部位にも出やすく、靴下や下着などを付ける部分にも出やすいでしょう。

 

紫斑はどのくらいの期間でよくなるものなのか

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状の場合、経過観察で無治療でも治っていくことが多いので、繰り返して紫斑が出ることもあるかもしれませんが、数カ月もしくは数週間程度で治っていくことが多く、しばらくして症状が安定していくことが多いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は紫斑が出るものなので、いつ完治するのかどうかなど心配が多い病気ですが、紫斑だけの症状しかないというような場合には、とくに治療なども必要がない場合が多いです。経過観察はもちろんとても大切ですが、特に他に症状がなければ、それほど安静にする必要もなく生活していけるかと思われます。

スポンサーリンク