アレルギー性紫斑病と保育園

アレルギー性紫斑病と保育園

アレルギー性紫斑病と保育園

子供がアレルギー性紫斑病にかかった場合には学校や保育園などには体調が悪くない限り通うことが出来ます。

 

アレルギー性紫斑病はうつる病気ではないからです。どのような症状ならば保育園に通えるのか、どのような症状があると通えないのか、アレルギー性紫斑病にかかっている子供が保育園などに通う時に気を付けることなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の子供はどのような症状ならば保育園に通えるのか

アレルギー性紫斑病はうつるような病気ではないため、保育園に通うことは出来ます。紫斑などの症状のみが出ているというような場合で、他に特に症状が出ていないのであれば保育園に通うことが出来るでしょう。

 

アレルギー性紫斑病の子供でどのような症状が出ていたら保育園に通えないのか

アレルギー性紫斑病の症状として紫斑の他に腹痛や関節痛が出るというような場合があります。痛みの症状がある場合には、保育園にいっても辛い思いをするため、保育園はお休みした方が良いです。また紫斑病性腎炎などの症状がある場合にも通わない方が良いでしょう。

 

保育園に通う際に気を付けることとは

保育園では普通の伝染病なども流行ることが多いため、違う病気にうつってしまうという事があります。

 

アレルギー性紫斑病だけでも大変な時に、他の病気にうつってしまうと大変なため、出来るだけ予防などをしてかからないようにした方が良いです。また、紫斑は動き回ることで多く出るというようなことがあります。

 

出来るだけ安静にすることが大切なので、子供なので難しいと思いますが出来るだけ静かにするということが大切です。

 

アレルギー性紫斑病はうつる病気ではないため、保育園に通うことが出来ます。しかし見た目で紫斑がうつるのではないかと思われがちなので、他の人などにうつらないというような理解が必要となってくるでしょう。症状がたくさん出ている場合には、休んだ方がいいでしょう。

スポンサーリンク