アレルギー性紫斑病と発熱

アレルギー性紫斑病と発熱

アレルギー性紫斑病と発熱

アレルギー性紫斑病の症状として紫斑が出たり、腹痛や関節痛が出ることが多いと言われていますが、初期の段階では発熱などの症状が出ることがあります。どのくらいの人に風邪などの感染が先行であるものなのか、アレルギー性紫斑病を発症するまでにはどのくらいの期間があるものなのか、発症率はどのくらいなのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と発熱などについて

紫斑病の症状が出る前に風邪などの発熱などの症状が出ることがあります。紫斑など出ない段階ではなかなかアレルギー性紫斑病と判断するのが難しく、最初の段階ではただの風邪などと間違われることも多いでしょう。他にも溶連菌感染症などにかかってから、アレルギー性紫斑病を発症するということもあります。

 

アレルギー性紫斑病を発症するまでの期間

風邪などの発熱の症状などが起こってから、アレルギー性紫斑病を発症するまでの期間としてはだいたい1週間くらいから2週間くらいで発症することが多いです。腹痛や関節痛などだけの場合紫斑病と判断が難しいですが、普段のものよりは重症化しやすいため、風邪の後に何か症状が起こった際には早めに医師に診せることが大切です。

 

アレルギー性紫斑病の発症率はどのくらいなのか

アレルギー性紫斑病は小児に発症することが多い病気ですが、10万人いる中で10人〜20人くらいの発症率とされています。血小板減少性紫斑病の場合指定難病となり、医療費助成の対象になるため助成される紫斑病になった場合には申請すると良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は最初ただの風邪のような発熱から始まることがあります。その後に何週間かしてからアレルギー性紫斑病を発症することがあります。何か違う症状が出た場合には、すぐに病院へいくことをお勧めします。

スポンサーリンク