アレルギー性紫斑病の合併症

アレルギー性紫斑病の合併症

アレルギー性紫斑病の合併症

アレルギー性紫斑病は他に合併症にかかってしまうことがあります。例えば腸重積症などの合併症はどのような病気なのか、合併症である紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、合併症予防のためにどのような対策が必要なのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の合併症、腸重積症について

アレルギー性紫斑病になると合併症を引きおこしてしまうことがあるため、注意しなければなりません。

 

腸重積症という病気は、腸の中に腸の一部分が重なってしまう病気で、腸から出血することで血便や血尿が出ることもあります。アレルギー性紫斑病になり、血便や血尿が出たような場合には、一刻も早く病院へ行き診断をうける必要があります。

 

紫斑病性腎炎について

アレルギー性紫斑病になった後に合併症として紫斑病性腎炎にかかることがあります。発症してからだいたい2週間から4週間前後で尿に異常が見られ、尿検査などから分かることがあります。腎炎になった場合は稀に腎不全が起こることもありうるので気を付けなければなりません。定期的に尿検査などをしながら経過観察が重要な病気です。

 

合併症予防のために気を付けること

まずはアレルギー性紫斑病の治療をきちんとするということが最も大切です。特にこれといって治療法が確率されていない病気ですが、安静がとても大切ですので、無理をしない、必要以上に動かないというようなことをきちんと守り、きちんと治るまで合併症を引き起こさないように生活する必要があります。

 

アレルギー性紫斑病には腸重積症や紫斑病性腎炎の合併症を引き起こす場合があります。それぞれ重症になるととても大変な疾患なので、合併症をおこしていないかどうかの症状の見極めが大切です。何か少しでも違った症状が出た場合には、すぐに病院へいくようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク