アレルギー性紫斑病と予防接種

アレルギー性紫斑病と予防接種

アレルギー性紫斑病と予防接種

アレルギー性紫斑病はいろいろな免疫の病気から引き起こされることがあると言われている疾患です。

 

また風邪などをひきやすくなる秋ごろから冬にかけて特に注意する必要があります。子供の場合予防接種をすることが多いですが、アレルギー性紫斑病にかかってしまった場合には予防接種をして良いものなのか、アレルギー性紫斑病が一度よくなっても再燃するようなことはあるものなのか、インフルエンザの予防接種からアレルギー性紫斑病になることはあるのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と予防接種

アレルギー性紫斑病にかかってしまった場合には、出来るだけ予防接種は避けた方が良いです。

 

治療をしている医師にきちんと確認してから、受けても良いかどうか、受けていいのであれば時期はいつ頃なのかということを相談した方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病の再燃について

アレルギー性紫斑病は一般的な場合には、だんだんよくなっていくことが多いです。

 

しかし、2カ月くらいのうちによくなったり悪くなったりを繰り返すことがあります。再燃してもまた経過をみれば良くなる為、あまり不安になることはありませんが、紫斑病性腎炎などを併発するようなこともあるため、きちんと経過観察をする必要はあります。

 

インフルエンザとアレルギー性紫斑病について

インフルエンザの予防接種を受けたことで、副反応としてアレルギー性紫斑病などの血管炎になることがまれですがあります。他にも副反応として、肝機能障害になったり、脳炎、皮膚粘膜症候群、アナフィラキシーなどを起こすことがあります。

 

アレルギー性紫斑病にかかってしまった時には、予防接種などは控えた方が良いでしょう。また医師にきちんと確認する必要があるでしょう。また、インフルエンザの予防接種のワクチンから、アレルギー性紫斑病などの血管炎にかかってしまうということが稀にあるようです。

スポンサーリンク