アレルギー性紫斑病の尿検査

アレルギー性紫斑病の尿検査

アレルギー性紫斑病の尿検査

アレルギー性紫斑病の尿検査出する場合には、アレルギー性紫斑病とともに腎臓の機能が低下して紫斑病性腎炎を併発しているような際に、尿検査をするようです。

 

尿検査とはどのくらいの頻度で行うものなのか、紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、紫斑病性腎炎はどのくらいの人に認められるものなのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と尿検査

アレルギー性紫斑病で尿検査を行った時に、尿のタンパクや血尿を認めたような場合には、定期的に尿検査をしてスクリーニングを行います。関節炎や腹痛などだけが症状にある場合でも、尿検査は行い、紫斑病性腎炎にかかっていないか、血管性紫斑病にかかっていないかなどを随時判断していきます。

 

紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか

紫斑病性腎炎とは、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病といわれていて、腎炎を伴う紫斑病のことをいいます。小児よりも、大人が紫斑病にかかった場合などに併発することが多いと言われていて、重くなると腎不全などを引き起こすこともあるため、注意が必要な病気です。

 

紫斑病性腎炎はどのくらいの人に出るものなのか

紫斑が発症してから、紫斑病性腎炎が発症するまで、約2週間以内〜1カ月以内くらいに症状が出ると言われ、あまり長く経過してからは出にくいものと言われているようです。また腎炎を併発するのは2割くらいから5割くらいと言われています。

 

アレルギー性紫斑病は、腎炎を伴う紫斑病性腎炎を併発することがあります。この場合尿検査で調べることがありますが、タンパクや血尿が出現した場合には、特に何度も検査をします。

 

大人でアレルギー性紫斑病を患った場合には、紫斑病性腎炎を併発する確率が高くなると言われています。

スポンサーリンク