アレルギー性紫斑病と嘔吐

アレルギー性紫斑病と嘔吐

アレルギー性紫斑病と嘔吐

アレルギー性紫斑病の症状として嘔吐する場合があります。腹痛の強い痛みで嘔吐を伴うことがあるようです。

 

嘔吐するような場合の腹痛にはどのような症状があるものなのか、関節症状での症状はどのような症状があるものなのか、浮腫が出るとしたらどのような場所なのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の嘔吐に関する症状

アレルギー性紫斑病では激しい腹痛を起こすことから嘔吐してしまうことがあります。さらに酷くなってしまった場合には急性腹症として外科的手術が必要になる場合もあります。また血便なども伴って出ることがあり、嘔吐などの症状が出た場合にはすぐに病院へ行った方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病での関節症状とは

アレルギー性紫斑病は関節痛などの症状は3分の2くらいの人にあらわれることがあるようです。両側に出ることが多く、足の関節や手の関節に発症します。肩が痛かったり、股部分が痛かったりするような関節痛は現れにくいでしょう。関節痛で歩行困難になるようなことはないようですが、ひどい腹痛のために歩けないといったことは起こり得ます。

 

アレルギー性紫斑病で出る浮腫について

アレルギー性紫斑病は痛みのある浮腫が出ることがあります。足の関節近くの部分に浮腫が出ることが最も多いですが顔面や頭部、背部などに発症することもあります。腫れは起こりますが発赤することはないでしょう。

 

アレルギー性紫斑病はいろいろなところに症状が出るため、油断できない病気です。激しい腹痛から嘔吐を伴うことがあったり、腹痛で歩けないほどになったりすることがあり、安静にすることが一番必要ですが、そのような症状が出た時にはすぐに病院へ行くことをお勧めします。場合によっては入院治療になることもあるでしょう。

スポンサーリンク