アレルギー性紫斑病と頭痛

アレルギー性紫斑病と頭痛

アレルギー性紫斑病と頭痛

アレルギー性紫斑病を発症するといろいろな症状が起こります。中には全身症状として頭痛なども起こる場合があります。アレルギー性紫斑病はさまざまの症状がありますが、どのような症状が他にはあるものなのか、主な症状の紫斑はどのような場所に現れやすいのか、アレルギー性紫斑病の名前の他にも紫斑病がある理由とは、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病のさまざまな症状について

アレルギー性紫斑病の症状は一つだけではなく、たくさんの症状が現れる場合があります。半分くらいの患者さんには腹痛、関節痛他にも吐き気、血尿や血便などの症状があることもあります。また全身症状として、発熱したり、頭痛がしたり、だるく感じたりすることがあり、風邪の症状と間違いやすいため、紫斑が出ないとなかなか病名が確定しない場合があります。

 

紫斑はどのようなところに現れやすいものなのか

紫斑が出るのはすぐに出る人もいれば、発疹のようなかゆみのあるものが出た後に紫斑になることもあり人によって違うこともあります。紫斑が出現しやすい場所として、膝から足首までの部分や、臀部やおしりに出ることが多いと言われています。

 

アレルギー性紫斑病と他の紫斑病について

紫斑病はアレルギー性紫斑病の他にもさまざまな名前がついた紫斑病がありますが、基本的には同じものと考えられます。

 

関節の症状があり紫斑病の場合には、リウマチ性紫斑病と言われることがありますが、リウマチとの関係があるかどうかは分かっていないようです。また、腹部の症状がある場合には、腹部紫斑病と呼ばれることがあるようです。また他にはシェーンライン・ヘノッホ紫斑病とも言われています。

 

アレルギー性紫斑病には頭痛などの症状がある場合があります。発熱したり、頭痛がしたりだるさを感じた場合風邪などの症状と良く似ているため、なかなかアレルギー性紫斑病と分かるまでには時間がかかることもあるでしょう。紫斑がなかなか出ない時にはより分かりにくいことがあるようです。

スポンサーリンク