アレルギー性紫斑病と足の痛み

アレルギー性紫斑病と足の痛み

アレルギー性紫斑病と足の痛み

アレルギー性紫斑病にはいくつもの症状が出る場合がありますが、足に痛みが出る症状がある場合があります。

 

足の痛みはずっと持続して出るものなのか、他に症状があるとしたらどんな症状があるものなのか、検査などはどのような検査などがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の足の痛みについて

アレルギー性紫斑病を発症すると足の痛みなどが強くできる場合があります。ずっと足の痛みが持続する場合や日によって強く痛みを感じたり弱く感じたりする場合があるようです。安静にすることが治療なので、無理に出歩いたり足をたくさん動かしたりすると、より症状が強くなる傾向があるため、安静にするということが大切です。

 

アレルギー性紫斑病で足の痛み以外の症状とは

足の痛みが強くでるのがアレルギー性紫斑病の症状と言われていますが、他にも紫色の紫斑が出たり腹痛が起こることがあります。足の痛みも腹痛もよくなったり悪くなったりを繰り返しやすいようです。

 

大人がアレルギー性紫斑病にかかると、腎炎を引き起こす場合も多く、紫斑病性腎炎になることがあります。

 

アレルギー性紫斑病の検査について

まず基本的には血液検査をします。血小板の数値や、免疫などの数値他一般的な数値をみてアレルギー性紫斑病にかかっているかなどを判断するようです。腎臓疾患にかかっていないか、尿検査なども行われます。

 

アレルギー性紫斑病は紫色の紫斑が色々な場所に出るという症状以外にも、足の痛みや、腹痛、関節痛などの痛みの症状が現れる場合があります。あまりにも痛みがひどい時には入院をして、ステロイドなどを使用しての治療が行われる場合もあります。紫斑病性腎炎にかかると腎炎の治療をしなければならないため、違った症状が出た場合には、病院で医師にきちんと申し出る必要があります。

スポンサーリンク