アレルギー性紫斑病と溶連菌感染症

アレルギー性紫斑病と溶連菌感染症

アレルギー性紫斑病と溶連菌感染症

アレルギー性紫斑病を発症した場合、発症のきっかけには溶連菌感染症にかかったことがあるという場合が考えられます。アレルギー性紫斑病は免疫異常で発症することがあるため、考えられるのです。溶連菌感染症とはどのような病気なのか、溶連菌感染症にかかった後アレルギー性紫斑病が発症するまでの期間はどのくらいなのか、気を付けた方が良いことはどんなことなのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と溶連菌感染症について

アレルギー性紫斑病を発症する前に溶連菌感染症にかかっていたというような事が多々あるようです。

 

溶連菌感染症とは、細菌感染で発症する病気で主に子供がかかる病気です。症状としては、のどが痛くなることが多く、小さい発疹を伴うことが多いでしょう。舌にぶつぶつしたようなものが出来たり、頭痛・腹痛・リンパ節が腫れるというような症状が起こることもあります。

 

溶連菌感染症後にアレルギー性紫斑病発症までの期間

溶連菌感染症が落ち着いた後に、アレルギー性紫斑病が発症する場合があります。だいたい発症するまでに1〜2週間くらいの期間があってから、発症することが多いようです。溶連菌感染症以外にも普通の風邪などからもアレルギー性紫斑病が発症する事があります。

 

気を付けた方が良いこととは

アレルギー性紫斑病は秋から初夏に多く発生するもので、夏はそれほど多くないようです。溶連菌感染症などの感染症にかかった後も、他の症状が起こることもあり得ますので、子供などの場合大人が十分に症状を観察しておくというのが気を付けることの一つとなるでしょう。

 

アレルギー性紫斑病が起こるきっかけとして、溶連菌感染症のような感染症がきっかけとして発症する場合があります。溶連菌感染症などが落ち着いてから1〜2週間後に発症する場合があるため、治っている場合でも注意深く症状を見ておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク