アレルギー性紫斑病と血便・血尿

アレルギー性紫斑病と血便・血尿

アレルギー性紫斑病と血便・血尿

アレルギー性紫斑病は紫斑の症状が出るとともに、関節の痛みや腹痛などの症状が出る場合があります。

 

腹痛がひどい場合には、嘔吐下痢などの症状が出たり、消化管出血が起こると、血便や血尿が出たりすることもあります。

 

血便や血尿が出た場合にはどのようにしたら良いのか、どんな病気があり、どのような治療法があるものなのか、日常で気を付けることはどんなことか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と血便・血尿について

アレルギー性紫斑病には、主に紫斑が出るという症状があります。しかし腹痛が強く出る症状が出る場合があり、腸に強い炎症が出てしまったり、腎臓に炎症が起こることで、血便や血尿があらわれることがあります。

 

症状が出たら早急に病院へ行き診察してもらう必要があります。

 

アレルギー性紫斑病で血便・血尿が出た場合の治療について

血便や血尿が出た場合には、腸重積症や紫斑病性腎炎にかかっている場合があります。腸重積症は、腸で消化管から出血が起こる病気で腸の中に腸の一部が重なることから起こってしまうと言われています。高圧浣腸法をしたり外科手術になることもあります。紫斑病性腎炎にかかった場合で血尿が出た場合は経過観察を見ながら治療します。

 

日常で気を付けることとは

アレルギー性紫斑病は、紫斑の症状が出るとともに腹痛や関節痛、また合併症が起こると腸重積症や紫斑病性腎炎などの症状が出ることがあります。普段と少しでも違う症状が起こったら、早急に病院に行き診療してもらうということが大切です。また安静にしたり、外出を出来るだけ控えたりするというようなことが日常で気を付けることと言えるでしょう。

 

アレルギー性紫斑病はその疾患だけに限らず、複数の病気が潜んでいることがあります。合併症にかかってしまったような場合には適切な処置が早い段階で必要になることもあるため、症状をよく観察しておくということが大事でしょう。

 

血便や血尿の症状があった時には、出来るだけ早く病院にいくことをお勧めします。

スポンサーリンク