アレルギー性紫斑病とステロイド

アレルギー性紫斑病とステロイド

アレルギー性紫斑病とステロイド

アレルギー性紫斑病の症状がある場合にはステロイドを使用して症状を治める場合があります。どのような時にステロイドが使用されるのか、ステロイドの副作用があるとするならばどんな副作用があるのか、ステロイドを使用する期間は決められているのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の症状でステロイドを使用する時には

アレルギー性紫斑病にかかり強い関節痛や腹痛などの症状があったり、腎炎の疑いがある場合には、ステロイドを使用することがあります。アレルギー性紫斑病にはこれといった特効薬がないため、きちんとガイドラインに沿って慎重に使用する必要があります。

 

アレルギー性紫斑病で使用するステロイドの副作用について

ステロイドは強い薬なので、副作用が出ることがあります。しかし効果もてき面なので使用することが多いです。

 

副作用が出てしまう場合というのは、薬の量が多くなった時です。治療が長くなるとどうしても量が増えてしまうために副作用が出ることがあります。消化不良や不眠、嘔吐、食欲増進、にきび、むくみなどの副作用が発生することがあります。長期服用すると脂肪が異常沈着することもあります。

 

ステロイド剤を使用する期間について

ステロイドはどうしても強い薬なので、長い期間使用していると不安になることもありますが、きちんと医師が考えて使用しているのであれば、医師に任せた方が良いでしょう。使用している間に副作用などが頻繁に出るような場合には、きちんとその旨を医師に伝えて、治療方針を決めて貰った方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病には特効薬がこれといってないため、ステロイドを使用することが多いです。ステロイドは短い期間に少しの量を使用するのであれば、何の問題もないですが、長期間使用すると副作用が出やすいものなので、副作用がでたらきちんと医師に伝え相談する必要があるでしょう。

スポンサーリンク