アレルギー性紫斑病のかゆみ・湿疹

アレルギー性紫斑病のかゆみ・湿疹

アレルギー性紫斑病のかゆみ・湿疹

アレルギー性紫斑病を発症すると、かゆみや湿疹が出たり、蕁麻疹が現れることもあります。症状は数カ月続くことが多く、個人差があるため完治するまでに時間がかかる場合もあります。湿疹などが出た場合にはどう対処した方が良いのか、どのような部位にかゆみが出るとこが多いのか、紫斑はかゆみがあるものなのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病のかゆみや湿疹について

アレルギー性紫斑病に起こる紫斑はかゆみなどは伴わないですが、紫斑になる前の最初の段階では軽い蕁麻疹のような発疹が起こる場合があります。徐々に紫色の紫斑に変わってきます。ですから最初の段階にはかゆみが伴うことがあるため、かゆみや蕁麻疹などが出たら、皮膚科できちんと治療してもらった方が良いでしょう。

 

湿疹などが出た場合の対処について

湿疹は何もしないとどんどん広がり、かゆくて掻いてしまうと皮膚を掻き壊してしまいます。薬局などで売っているような薬ではなく、出来ればきちんと皮膚科に行って薬をもらった方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病でかゆみが出た場合の部位について

かゆみが出る場所は、体の中のさまざまなところに現れます。上肢や顔面などに出ることもありますし、靴下や下着などで強く圧迫されるところにかゆみが出るとも言われています。かゆみだけでなく、紫斑に変わってきたらアレルギー性紫斑病を強く疑われることになりますので、早急に病院へいくことをお勧めします。

 

アレルギー性紫斑病は紫斑の症状が出る前に、かゆみや蕁麻疹のような症状が出ることがあります。締め付けられているような部分に出ることが多いですが、きちんと皮膚科で対処してもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク