アレルギー性紫斑病は完治するのか

アレルギー性紫斑病は完治するのか

アレルギー性紫斑病は完治するのか

アレルギー性紫斑病は紫斑が出たり、腹痛や関節痛が出ることがありますが、これといった特効薬もないため治療方法が難しく完治するのか?と思う事もあるかと思いますが、多くの場合は数カ月でよくなると言われています。しかしなかなか完治しない場合のアレルギー性紫斑病もありそのような紫斑病はどんなものなのか、再発することはあるのか、再発するとしたらどんなことに原因があるのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病がなかなか治らないものとは

普通のアレルギー性紫斑病であれば数カ月で完治することも多いですが、紫斑病性腎炎を発症してしまうと腎機能が低下することにより、完治するまでにさらに時間がかかることがあります。女性が妊娠している場合などには腎機能がさらに悪化することもあるため、なかなか完治までに時間がかかることがあるでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は再発するものなのか

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を発症してしまうと腎機能の疾患になるため、再発することもあります。

 

またアレルギー性紫斑病も一度治癒したものが、また再度再発することもあります。子供よりも大人のアレルギー性紫斑病に多いようです。

 

再発はどんなところに原因があるのか

アレルギー性紫斑病は溶連菌感染症の後に発症することがあると言われているため、溶連菌感染症などの疾患や、風邪などが原因で再発することも考えられるようです。

 

アレルギー性紫斑病はこれといった特効薬もないため、完治するのか?と思い悩む人もいるかもしれませんが、普通のアレルギー性紫斑病の場合ですと、数カ月で完治すると言われています。もちろんその後に再発したり、紫斑病性腎炎を発症することもあり、経過観察もとても必要となってくるでしょう。

スポンサーリンク