アレルギー性紫斑病で安静が必要な理由

アレルギー性紫斑病で安静が必要な理由

アレルギー性紫斑病で安静が必要な理由

アレルギー性紫斑病にかかると出来るだけ安静にしていることが治るための近道と言われていますが、子供がアレルギー性紫斑病になるとなかなか動くのを制限するのは難しいこともあるでしょう。逆に大人でアレルギー性紫斑病になった場合、安静にしておかなければならないものの仕事などがありなかなか実行できないということもあります。

 

アレルギー性紫斑病になると、どうして安静にしていなければならないのか、ある時期をすぎれば安静は解除されるものなのか、他に気を付けなければならない点はどんなことなのかを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病で安静にしなければいけない理由とは

アレルギー性紫斑病にかかって激しく動いたり、運動などをしてしまうと、血管から血がもれて紫斑が出てしまうことがあったり、体に負荷がかかったりすることがあるため、安静にしなければならないと言われています。

 

安静にしていれば再発もすることなく快方に向かうことが出来ますが、無理に動いてしまったりすると、一度よくなったものが再発してしまったりすることもあります。

 

ある時期をすぎたらアレルギー性紫斑病は運動などしても良いものなのか

アレルギー性紫斑病は、急性期には安静にしていなければなりませんが、その後は特に運動をしてはいけないようなことは無いです。しかし紫斑病性腎炎などを併発してしまったような場合には、運動も制限しなければならないでしょう。

 

他に気を付けなければならない点とは

アレルギー性紫斑病は紫斑の他にも、腹痛や関節痛が出ることがあります。あまりにひどい場合には入院してステロイド剤投与などをして治療することもありますので、我慢せずに酷ければ病院できちんと診てもらうことが大切です。

 

アレルギー性紫斑病は安静にすることが治す方法といわれているように、安静にすることがとても大切です。

 

しかし小さな子供など動きたい時期の子供には非常につらいものと思われます。いろいろ難しいこともあるかと思いますが、長引かせないためにも安静は守るようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク