アレルギー性紫斑病の治療ガイドライン

アレルギー性紫斑病の治療ガイドライン

アレルギー性紫斑病の治療ガイドライン

アレルギー性紫斑病の治療ガイドラインでは、アレルギー性紫斑病の代表はIgA紫斑病となっており、アメリカリウマチ学会のガイドラインでは、紫斑があるかどうかということ、発症年齢が20歳以下であるということ、腹痛と血が混合した下痢があるということ、生検で異常があると診断されること、これらの中の2項目以上が当てはまる場合、IgA紫斑病と診断されます。

 

他にはアレルギー性紫斑病にはどんなガイドラインがあるのか、どのような時にガイドラインを使用するのか、小児のアレルギー性紫斑病で気を付けたいことなどを紹介します。

 

アレルギー性紫斑病のガイドラインについて

アレルギー性紫斑病の経過観察のガイドラインでは、診断にアルゴリズムを使用するということが言われています。

 

またガイドラインでは腎症があるのか無いのかという事で、治療方針が分かれるようです。他には消化器症状があるのか無いのかでも治療方針が分かれます。

 

アレルギー性紫斑病はどんな時にガイドラインを使用するのか

副作用の強い薬を使用する際にも、ガイドラインを使用することがあるようです。腎症が発症していて重篤な症状かどうかなどの判断をする時などにもガイドラインは使用されるようです。

 

小児のアレルギー性紫斑病で気を付けたい事

小児も場合、アレルギー性紫斑病にかかると安静にしなければならないため、動きたい盛りの子供であればなかなか伝わらないため親の方が疲労してしまうケースがあります。また紫斑が出ているために、色々と聞かれたくないことなども聞かれてしまうため、気にせず落ち着いて治療を受けるということに気を付けなければならないでしょう。

 

アレルギー性紫斑病の治療のガイドラインには様々に決まりなどがあります。治療方針がきちんと確立していない病気だけに、ガイドライン頼みになることもあるかと思いますが、少しでも良い方向にいくと思って従った方が良いでしょう。

スポンサーリンク