小児のアレルギー性紫斑病の再発

小児のアレルギー性紫斑病の再発

小児のアレルギー性紫斑病の再発

小児のアレルギー性紫斑病ですが、だいたい4才くらいから7才くらいの男児に発症しやすいと言われています。

 

症状としては紫斑が出るのとともに、発疹やむくみ、腹痛や関節痛が出る場合もあります。小児のアレルギー性紫斑病は再発することがあるのかということや、併発する紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、なってしまった際に気を付けなければならない事などを紹介したいと思います。

 

小児のアレルギー性紫斑病の再発について

小児のアレルギー性紫斑病の場合、ほとんどが治療してから半年くらいの間に良くなっていくことが多いです。

 

しかしその期間に良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか完治に至らないというケースも多々あります。

 

また数年おいてから再発することもあります。

 

小児のアレルギー性紫斑病に併発する紫斑病性腎炎とは

2012年からはIgA腎炎ともされているようですが、紫斑病腎炎になると腎機能にさまざまなトラブルが発生し腎臓の治療もしていかなければならなくなります。疲れたりすることが大敵となるため、安静にすることがとても大切で、日々の生活習慣を整えていかなければならないでしょう。だいたい3割くらいの人が発症します。

 

紫斑病性腎炎になってしまった時に気を付けなければならないこととは

紫斑病の他に腎臓機能に障害があるため、適切な食事などを心掛けなければなりません。

 

また激しい運動などもしない方が良いでしょう。小児の場合なかなか動かないようにするのが難しい年齢もあるため、本人に病気という事をきちんと理解させなければならない為難しい点もあります。

 

小児のアレルギー性紫斑病は、一度治ったら終わりというわけではなく、何度も繰り返し症状が出たり、何年かたった後にも再発することがあります。症状を細かに観察するということはとても大切です。

スポンサーリンク