紫斑病とアルコール

紫斑病とアルコール

紫斑病とアルコール

紫斑病は大人になってもかかることがある病気ですが、紫斑病にかかった場合には、アルコールやたばこなどはやめた方がいいようです。

 

また激しい運動なども厳禁で、疲れなどから紫斑が再発することがあるため、出来るだけ安静できる生活をするように心がけることが大切です。

 

アルコールやたばこはどうしてやめた方が良いのか、紫斑病は合併症などあるものなのか、だいたいどのくらいで治癒するものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病はアルコールを避けた方がいい理由とは

過剰にアルコールを摂取すると、血液凝固する作用に悪影響があるため、出来るだけ紫斑病になったらアルコールは控えた方が良いでしょう。

 

またアルコールを飲むことでケガをしやすくなったり、疲れがたまることから紫斑病が悪化する場合もあります。血行がよくなりすぎることで、出血しやすくなるという場合もあります。

 

紫斑病と合併症について

紫斑病は合併症として、腎炎が認められることがあり、紫斑病性腎炎を発症することがあります。アレルギー性紫斑病がなることが多く、だいたい発症してから1カ月以内に発症する確率は80パーセントくらいと言われています。

 

ですからアレルギー性紫斑病が治っても、油断せず症状の経過を見ておいた方が良いです。

 

紫斑病の治癒について

紫斑病が急性の場合には、だいたい半年くらいでよくなっていく傾向が一般的です。中には慢性化して繰り返し再発を起こす人もいます。また何年か経過してから再発する事もあります。子供も大人もなる紫斑病ですが、どちらかというと大人になって紫斑病になった場合の方が、治癒するまでに時間がかかると言われています。

 

紫斑病にかかってしまったら、できるだけアルコールは避けた方が良いでしょう。アザがさらに出来やすくなったりすることもありますし、アルコールを飲むことで疲れが逆にたまることもあるため、一時的にやめておいた方が無難です。

スポンサーリンク