紫斑病を繰り返す場合

紫斑病を繰り返す場合

紫斑病を繰り返す場合

紫斑病は繰り返すことが多い病気で、すぐに完治せずよくなるまでに繰り返し症状が出ることがあると言われています。

 

効果的なこれといった薬がない事も考えられますが、アレルギー性紫斑病の場合、特にその傾向が高く、発症した後にはしばらくしたら治るというよりは、症状を繰り返すことが多いようです。

 

紫斑病の再発はどのようになっていくものなのか、原因はどこにあるのか、どんな薬を使用すると紫斑病に有効な場合があるのか、などを説明したいと思います。

 

紫斑病の再発について

紫斑病は、数カ月の単位で良くなったり悪くなったりを繰り返すと言われています。しばらくして安定して治癒に向かいますが、稀に再燃して再発することがあります。またアレルギー性紫斑病などから腎炎を発症した場合で腎臓の機能が低下することもあり再発することがある病気です。

 

紫斑病の原因とはどんなところにあるのか

紫斑病の原因ははっきりとは分かっていませんが、免疫異常が考えられ、先に副鼻腔炎やマイコプラズマ、水痘症、麻疹、風疹、溶連菌感染症などにかかったことがあり、その後に発症するという傾向があるようです。IgAの抗体に関連がある疾患と言われています。

 

どんな薬を使用すると有効な場合があるのか

関節痛や腹痛には薬物治療として、アセトアミノフェンや消炎鎮痛剤が効果的と言われ、腹痛の治療にはステロイド剤が有効な場合が多いようです。また重症の紫斑病には、免疫抑制剤や抗がん剤が使用され有効であるということも報告があります。

 

紫斑病は一度にすっきり完治するものであれば良いですが、なかなか治らず症状が繰り返し出るとも言われています。また完治したと思ったら数年後などに再発することもあります。

スポンサーリンク