肝紫斑病とは

肝紫斑病とは

肝紫斑病とは

肝紫斑病という病気は、肝臓紫斑病とも呼ばれる病気で、何も症状が出ない無症候性の疾患であり、肝臓の中に不規則に血液貯留腔が発生するものと言われています。簡単に言うと肝臓の一部に血液が溜まってしまう病気です。

 

肝紫斑病はどのような症状がある病気なのか、またどんな時にどのように発見されることが多いのか、他にどんな病気が背景にあることが多いのかなどを紹介します。

 

肝紫斑病はどのような症状があるものなのか

基本的には無症候性のものとなりますが、出血をともなう事がある場合には、黄疸、肝腫大、肝不全など肝疾患を引き起こすことがあり、病変が破裂してしまうということもあり、それによりさまざまな症状が見られることがあります。

 

どのような場合に肝紫斑病が発見されるのか

血液検査での肝機能障害の検査で数値が異常がある場合で、超音波検査で嚢胞がみられ発見される場合などがあります。他には腹腔鏡の検査をする時などに偶然見つかるというようなケースもあります。肝細胞癌ととても識別が困難とも言われています。

 

肝紫斑病はどんな病気が背景にあるのか

肝紫斑病になる背景として、免疫抑制剤を使用している時や、結核などの症状が出たことのある人、また膠原病や悪性腫瘍などがある人などが起こることがあると言われています。

 

肝紫斑病は肝臓紫斑病とも呼ばれ、肝臓の中に血液が溜まってしまうことで起こる病気です。発見されるのは何かの検査のついでに分かることが多く、それ自体を発見するために検査をするというよりは、偶然見つかるということが多い病気です。免疫不全患者なども肝紫斑病を引き起こすことがあると言われています。

 

とてもまれな疾患で進行すると命にかかわる病気です。

スポンサーリンク