膠原病と紫斑病

膠原病と紫斑病

膠原病と紫斑病

膠原病と紫斑病は関係性があると言われている病気です。血管性の紫斑病は血管や血管の組織などが弱くなることにより起こる病気ですが、膠原病も血管に炎症が起き、紫斑が皮膚に現れることがあります。

 

このような紫斑病は症候性血管性紫斑病と呼ばれますがどんな病気なのかということや、その他紫斑病を予防する方法などあるとしたらどんな事なのか、膠原病とはどんな病気なのかということを説明したいと思います。

 

症候性血管性紫斑病とは

紫斑病といっても様々な呼び方があり、アレルギー性紫斑病、単純性紫斑病、老人性紫斑病、血管性紫斑病などいろいろあります。症候性血管性紫斑病は血小板が減少することで血液が止まらなくなってしまうことがある紫斑病で、きちんと治療が必要な病気です。膠原病にかかると同じように紫斑が見られることもあります。

 

紫斑病を予防する方法はあるものなのか

紫斑病はとくにこれをするといいというような予防方法は残念ながら無いようです。しかし日ごろから免疫力を上げることが出来るような食材を食べたり、筋肉をつけるように運動をしたりするということが予防につながるとも言われています。

 

膠原病とはどのような病気なのか

膠原病という一つの病気ではなく膠原病に含まれる病気はいくつもあり、リウマチ熱、強皮症、全身性エリテマトーデス、結節性多発性動脈周囲炎、関節リウマチも合わせて膠原病と呼ばれます。膠原病は自己免疫疾患でリンパ球や抗体が病気を引き起こす原因とも言われています。

 

膠原病と紫斑病は係わりのある病気とされていて、膠原病にも同じように紫斑が出る場合があります。どちらも例えば紫斑病といっても一つの病気ではなくさまざまな症状がある呼び名があります。

スポンサーリンク