紫斑病と遺伝の関係

紫斑病と遺伝の関係

紫斑病と遺伝の関係

紫斑病は、特に明らかな原因がない場合にも血小板減少が減少することで出血しやすくなる病気です。この病気は遺伝するのかどうかということや、血小板が減少するとどのような症状が現れるものなのか、急性の紫斑病と慢性の紫斑病の違いはどこにあるのか、などを説明したいと思います。

 

紫斑病は遺伝するものなのか

紫斑病は遺伝子異常により起こるものではないため、遺伝性のものではありません。また紫斑が出るのでうつるの?とも思われがちですが、出血することによる病気なのでうつることもありません。

 

血小板が減少するとどのような症状が現れるのか

血小板が減少すると血液を凝固してくれる作用が壊れてしまうために出血が止まりにくくなり、血が止まらないというような症状が起きます。

 

体はいろいろなところから出血するため、鼻から鼻血が出たり、歯茎から血が出たり、便や尿に血が混ざったり、大人の女性では生理が止まらないというような症状も現れることがあります。また重症になると脳出血が起こる場合もありますのでとても注意が必要です。

 

急性の紫斑病と慢性の紫斑病はどこが違うのか

紫斑病は基本的に子供がなりやすい病気で、急性のケースが殆どです。しかし大人が紫斑病にかかると重症になることが多く、腎臓に影響があったり慢性化して再発するということも多くなります。血小板が減少することによって紫斑病が分かることがあります。

 

紫斑病は遺伝子異常の病気ではないため、遺伝することはありません。またうつることもありません。

 

治療が長引いたり、なかなか治療方法が確立しないために思いなやむことはあるかもしれませんが親から子供に遺伝するということはないので安心して良いでしょう。

スポンサーリンク