輸血後の紫斑病

輸血後の紫斑病

輸血後の紫斑病

輸血後の紫斑病とは輸血をすることによって、副作用として紫斑病が出ることがあるというものです。

 

どのような理由で輸血後に紫斑病が出てしまうのか、また紫斑病としてどのような症状が出たりするものなのか、他に輸血することで症状などが出るとしたらどのようなものがあるのかなどを紹介したいと思います。

 

輸血後の紫斑病の理由

輸血をする人の血液中の血小板抗原に対する抗体が原因で、血小板が減少してしまい紫斑病が起こります。

 

だいたい輸血してから5日くらいから12日以内に起こることが多く、すぐに症状が現れるものではなく遅発性のものとされています。

 

輸血後紫斑病はどのような症状があるのか

基本的に出血してしまうため、全身多発性出血斑、粘膜出血、血尿などの出血が起こり、紫斑病のような症状が起こることがあります。かかりやすいのは女性で、ほとんどの人が調べてみると血小板抗原が欠けています。症状がきちんと治まるまでには、2週間くらいから6週間程度長く時間がかかります。

 

輸血で紫斑以外に何か症状が出るとしたらどんなものか

輸血はいろいろな副作用が出ることがありますが、紫斑以外にもアレルギー反応のような症状が出ることがあります。

 

血管性の浮腫や、掻痒感を感じたりすることがあり、そのような際にはステロイド剤を投与したりすることで症状を治めます。反応が出てしまうのはだいたい輸血後4時間以内に起こることが多いでしょう。

 

輸血をすると副作用として紫斑病の症状が出ることがあります。きちんと対処すれば治りますが、完治するまで時間がかかることもあります。他にも輸血をすると副作用が出るということがありますので、どのような症状などが出ることがあるのかなど把握しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク