紫斑病が難病指定されている理由

紫斑病が難病指定されている理由

紫斑病が難病指定されている理由

紫斑病は難病指定されていますがすべての紫斑病が難病指定というわけではありません。

 

アレルギー性紫斑病は特定疾患などではないので補助はありませんが、紫斑病腎炎になると難病指定になり補助などが受けられます。

 

子供も紫斑病腎炎は小児慢性特定疾病の対象となるので医療費が助成されます。なぜ紫斑病は難病指定されるのか、どんな紫斑病があるのか、また難病指定についても詳しく説明したいと思います。

 

紫斑病の難病指定について

紫斑病の中でも難病指定になる紫斑病は、紫斑病性腎炎、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病が難病指定されます。難病というのは治療がとても難しく完治がしずらく経済的や精神的にも負担が大きいものについて指定されます。

 

大人の難病指定の医療費補助とはどのように受けるのか

まず指定難病の医療費補助を受けるためには、医療受給者証が必要となります。

 

難病指定医を受けている医療機関できちんと受診する必要があります。都道府県の窓口に申請が必要となります。

 

子供の小児慢性特定疾患について

子供の紫斑病性腎炎は小児慢性特定疾患になりますので、医療費助成を受けることが出来ます。18才未満の児童で慢性疾病となっていること、医療費の負担が続いていること、生命を長期にわたって脅かしているということなどが要件となります。必ず申請する必要があります。

 

紫斑病は種類によっては医療費助成を受けることが出来ます。精神的にも経済的にも負担が大きくなるため、きちんと申請をして助成を受けて治療にあたるのが良いでしょう。

スポンサーリンク