紫斑病と腎臓

紫斑病と腎臓

紫斑病と腎臓

紫斑病は血管性紫斑病ですが、紫斑病にかかった人のおよそ半分近くに腎臓病の疾患が見られ、紫斑病性腎炎にかかることがあります。

 

かかってしまった場合には腎臓の治療もしていかなければならないですが、中には腎不全を起こしてしまう人も稀にいます。紫斑病にかかり腎炎になってしまう場合には、どのような症状が現れ、また大人・子供と共にどのように治療をしていけばいいのか、紹介したいと思います。

 

紫斑病にかかり腎臓に疾患が出る腎炎になった場合の症状

紫斑病から紫斑病性腎炎にかかる時には尿の異常をまず認めます。だいたい紫斑病にかかってから3か月くらいの間に症状が出ると言われています。長い期間の間症状が出る人も中にはいたり血尿が出たりすることもあります。

 

大人が紫斑病性腎炎になった場合の治療とは

きちんと安静にして治療しないと腎炎が慢性化してしまうことがあるため、入院して治療を受ける必要があります。

 

紫斑病にはステロイド剤が有効とされていますが、腎炎には効かないため基本療法で経過観察していきながら治療していきます。検尿は常に続けることが大切です。

 

子供が紫斑病から腎炎になった場合の治療とは

一般的に幼児期に紫斑病を発症した場合には、それほど長引かないと言われていますが、小学生以上で腎炎を併発した場合には長引いてしまうケースが多いと言われています。子供で紫斑病性腎炎が長期にわたる場合には、医療費の補助を受ける事も出来るので、申請すると良いでしょう。

 

紫斑病は腎臓に疾患が見られて紫斑病性腎炎になってしまうと治療が長引いてしまうケースが多いです。

 

子供でも大人でもかかることがありますが、子供の場合は自分で観察することがなかなかできないためきちんと保護者が観察する必要があります。また女性は妊娠中にかかると腎機能が低下することがあります。

スポンサーリンク