紫斑病は治るのか

紫斑病は治るのか

紫斑病は治るのか

紫斑病はこれといった特効薬がないために、一度かかるといつ治るのか不安になることもありますが、きちんと治る病気です。子供の紫斑病の場合どのくらいで完治するものなのか、大人が紫斑病になった場合治りはどうなのか、また紫斑病が再発するということはあるものなのかなどを紹介したいと思います。

 

子供の紫斑病はどのくらいで完治するもの

紫斑病といっても個人差があり、軽度のものから重症になるような場合など、人それぞれ違ってきます。

 

子供の場合安静にしていて知らない間に完治することもありますが、中には入院してステロイド剤を投与しながら安静にして様子を見るというような場合もあります。重度な場合などは3か月程度完治するまでに時間がかかることもあるでしょう。いつ治るのか不安になりがちですが、完治する日はやってきます。

 

大人の紫斑病はどのくらい完治までに時間がかかるもの?

紫斑病は子供がかかりやすい病気ですが、大人もかかることがあります。大人が紫斑病にかかってしまうと子供より治りにくい傾向にあると言われています。紫斑の症状が出るだけでなく、腹痛や下血、吐血などを伴ったり、腎炎の合併症をおこすことが多いと言われているからです。

 

紫斑病と分かったら出来るだけ早く紫斑病に詳しい医師に診察を受け、適切な対応をしてもらうのが完治の近道になります。

 

紫斑病は再発することはあるもの?

子供の紫斑病は安静にしていればいつか完治しますが、大人の場合にはどうしても生活を変えられない人も出てくるため、いったんよくなってもまた再発するということがあります。また腎炎を併発してしまうと、腎臓のほうの治療も行わなければならなくなるため、完治までに長く時間がかかり、ぶり返して再発するということもあります。

 

紫斑病は見た目に症状が現れるのと、腹痛などを併発することが多いためこのままできちんと治るのだろうか?と不安になることも多いと思います。またこれといった特効薬もないため、長く完治までにかかる人もいます。

 

しかし医師の指導にきちんと従っていればいつかきちんと完治する病気です。

スポンサーリンク