紫斑病はうつるのか

紫斑病はうつるのか

紫斑病はうつるのか

紫斑病は皮下出血することで紫斑が出ます。一見皮膚に症状が出るため紫斑病はうつるもの?と思われることも多いですが、紫斑病は伝染病でも皮膚の病気でもないため感染しません。

 

ではいったいうつると思われる紫斑病はどのような病気なのでしょうか、また紫斑病はいろいろな名前がありますがどのような種類があるのか、紫斑の症状はすぐ出るものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病はうつらない病気だが、どんな病気なのか

紫斑病の紫斑とは内出血しているあざのことで、血管炎のため感染することはないのです。腎臓や消化器官などにも出血することがあり、腹痛が起こったり関節痛が起こる事もあります。溶連菌感染症などを発症した後にかかったりすることも多い病気です。また腎炎を併発することが多い病気とも言われています。

 

紫斑病と同じような名前はどのようなものがあるの

紫斑病と言うと、アレルギー性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、シェーンライン・ヘノッホ紫斑病などいくつかの呼び方があります。病気は血液検査などをしたり、尿検査をして確定することが多いです。

 

紫斑病にかかるとどのような症状が出るのか

紫斑病の一般的なあざのような紫斑がすぐに出た場合には、紫斑病と確定しやすいですが、なかなか紫斑などの症状が出ない場合もあります。そのような場合には病名がきちんと決まるまでに時間がかかることもあります。

 

腹痛だけなどの症状の場合、違う疾患と間違いやすいので、経過観察を良くするということが重要になります。

 

紫斑病は見た目に皮疹が出るために皮膚の病気と勘違いされやすく、またうつると思われがちですが、血管のあざなので病気がうつることはありません。

スポンサーリンク