紫斑病は病院の何科を受診すべき?

紫斑病は病院の何科を受診すべき?

紫斑病は病院の何科を受診すべき?

紫斑病にかかった時にまず何科にかかれば良いのか?悩むこともあるでしょう。

 

紫斑が出ることにより皮膚科と考える事も多いですが、紫斑病は腎臓疾患に異常をきたすこともある為、内科、皮膚科、小児科など総合的に治療が受けられる病院へいくのが良いです。

 

しかし子供の場合はまず紫斑病なのかどうかということを判断してもらうために小児科へ行った方が良いのか、大人が紫斑病で治療するとしたら入院の可能性などもあるものなのか、紫斑病の実績がある病院はあるものなのか、紹介したいと思います。

 

紫斑病にかかった際に何科へ行けばいいのか

子供の場合の紫斑病は、まずは小児科で診てもらうのが良いでしょう。紫斑病と確定なのか?違う病気なのかの見極めなどもしてもらうということが何より大事だからです。

 

そこから治療するために何科で治療するのかなどは医師の判断に任せる方が良いので、子供の場合にはまず小児科にかかると良いでしょう。大人の場合は皮膚科、内科など総合的に見てもらえる総合病院へ行くと良いでしょう。

 

大人が紫斑病で診察を受ける場合すぐに入院という場合もあり得るものなのか

紫斑病の症状にもよりますが、腹痛などがあったり、下血や血尿などの症状、腎臓に異常をきたしているような場合には、ステロイド治療などをするためにすぐに入院ということもあります。ですから症状が重いような場合には考えられます。

 

(斑病の実績がある病院というのはあるもの?

インターネットなどで検索すると、病院別に紫斑病の治療実績などを簡単に知ることが出来ます。出来るだけ家の近くなどで紫斑病の治療をしたことがあるところを探せば適切な治療を受けることが可能です。

 

紫斑病は特効薬がない病気なので、出来るだけ治療実績があるところを探した方が安心できます。

 

紫斑病は根本的な治療がないため、病院に行って見通しがたたないと非常に不安になります。ですから出来るだけどこの病院へいってもいいと思わず、適切な治療が受けられるところを探した方が安心して病院に行けます。

スポンサーリンク