紫斑病と溶連菌

紫斑病と溶連菌

紫斑病と溶連菌

紫斑病は溶連菌感染症に感染することによって二次的な障害から起こることがあります。だいたい溶連菌感染症を発症して発熱してから3週間前後で起こることが多いです。

 

溶連菌感染症で熱がおさまった後に紫斑などが出ることがあったり、腹痛や関節痛などが起こったら、紫斑病を疑うと良いでしょう。

 

その場合紫斑病になるとどのくらいでよくなるものなのか、また治療方法はどのようなものがあるのか、かかっている間にしてはいけない事などがあるとしたらどんなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病と溶連菌感染症について

溶連菌感染症の症状を発症してから数週間後に紫斑病になることがあると言われています。

 

子供の場合一時的な症状になることが多いのでそれほど心配しなくていいケースが多いですが、中には腎臓疾患に異常が出る場合もあるため、きちんとした治療が必要とされます。

 

紫斑病の治療方法について

紫斑病はこれといった薬がないので治療方法が確立されていませんが、関節痛が起こったり、腹痛が起こったり下血などがあることがあり、治療するために入院をしてステロイド投与をして治療することが必要な場合もあります。

 

紫斑病性腎炎が発症した場合には、腎臓の検査や治療などの必要となります。

 

紫斑病にかかっている間にしてはいけない事とは

紫斑病にかかっている間に運動したり走ったりすると、静脈圧がかかり紫斑を繰り返してしまうことがあります。

 

紫斑病にかかったら出来るだけ安静にする、ということがとても大切です。

 

紫斑病は溶連菌感染症などから起こることがあります。溶連菌感染症を発症してから3週間前後に紫斑病のような症状が起こった時には、すぐに紫斑病の治療を受けるようにしましょう。また普段行っている運動なども控えるようにして安静に過ごすことが大切です。

スポンサーリンク