大人の紫斑病

大人の紫斑病

大人の紫斑病

紫斑病は子供がかかりやすいと思われがちですが、大人も紫斑病にかかることがあります。大人になって紫斑病にかかると完治まで時間がかかることが多く、再発することもあります。腎臓に炎症があるかの確認のために血液検査などをして確かめることが多いため、出来るだけ総合的に診察をしてくれる病院へ行った方が良いです。

 

大人の紫斑病は何が原因で起こるのか、また再発する可能性などはどのくらいあるものなのか、何科にいけば一番適切な診療を受けられるのかなどを紹介します。

 

大人の紫斑病の原因

大人が紫斑病を発症することは、子供が発症するよりも数は少ないと言われています。また大人の場合には腎臓の合併症が原因で発症するとも言われています。他には、風邪などをひいた後に抵抗力が低下している時にウイルスなどが侵入することで、紫斑病が発症するのではないかとも言われています。

 

大人の紫斑病は再発することはあるのか

紫斑病は直接的な原因が特定するのが難しい病気なので、完治するまでに時間がかかります。完治したとしてもまた再発してしまうということも起こり得ます。完治までの期間も思った以上に長くなる年単位になるということもあり人によって様々です。また紫斑病から腎機能の機能障害が起こることもあります。

 

大人が紫斑病を発症したら何科に行けばいいのか

皮膚に症状が出るため皮膚科と考えることも多いと思いますが、腎臓機能に異常をきたすこともあるため内科などもきちんと見られる総合的な病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

紫斑病は子供がかかりやすい病気、とみられることが多いですが、大人も発症することがあります。

 

症状が悪化しないように早めに診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク