子供・小児の紫斑病

子供・小児の紫斑病

子供・小児の紫斑病

紫斑病は簡単に言うと内出血が起こることであざが出来る病気です。あざは一つだけではなく、いくつも出来るのが特徴で、子供や小児も発症します。子供や小児で紫斑病というと最も多いのがアレルギー性紫斑病になります。

 

別名血管性紫斑病とも呼ばれたり、ヘノッホ−シェーライン紫斑病などと呼ばれることもあります。

 

子供や小児の紫斑病はどのような症状が一般的で、病院に行くとしたら何科にかかれば良いのか、治療はどのようにすれば良いのかなどを紹介したいと思います。

 

子供と小児の紫斑病どのような症状が一般的なのか

小児の紫斑病で最も多いのが、アレルギー性紫斑病です。紫斑病には様々種類がありますが、子供や小児が最もかりやすいアレルギー性紫斑病は、頭や顔が腫れたり、手足がむくむというような症状が起こります。また主に足の膝から下の部分に症状が出やすく、あざや虫刺されのような腫れが起こり、紫斑が現れます。

 

紫斑病は病院で何科にかかれば良いのか

紫斑病は原因がいくつか考えられることも多いため、小児科、内科、皮膚科、血液内科、泌尿器科などがある総合病院へかかると良いです。子供・小児の場合はまずは小児科で診察してもらい、診察結果から適切な科で診察を受けるのが最適です。

 

子供・小児の紫斑病の治療とは

紫斑病は残念ながら、これといった治療薬がありません。まずは経過を観察してどのような対処をしていったら良いのか、どんな方法が最善なのかということを考えます。その中でも腎症の有無や、消化器症状の有無などで治療方針が分かれるようです。関節痛や腹痛がある場合などは湿布や鎮痛剤などで対処療法をします。

 

小児・子供の紫斑病はただぶつけてあざなどが出来たのか、紫斑病なのか最初は特定することが難しいこともあるでしょう。少しでも普段と違う症状が現れていたら、すぐに病院へいくことを先決するのがお勧めです。

スポンサーリンク