電撃性紫斑病の四肢への影響

電撃性紫斑病の四肢への影響

電撃性紫斑病の四肢への影響

電撃性紫斑病と四肢の症状

他の病気による、電撃性紫斑病と四肢への影響についてです。急激に憎悪する紫斑病を呈し、敗血症(病原体によって引き起こされた漸新世の炎症反応症候群であり、細菌感染の全身に波及したものになります。

 

非常に重篤な状態であり、無治療ではショック状態やDIC、多臓器不全などから早晩死に至るケースもあります。)を経験した場合、高熱や四肢の疼痛・紫斑が見られ入院となるようなケースもあります。

 

炎症以外にも軽度の肝臓や腎臓障害を認め、四肢の紫斑や水疱を発症するというような重篤な症状を起こす場合があります。髄膜炎菌敗血症による、電撃性紫斑病の可能性がある場合にはすぐに治療を開始しなければいけません。

 

重篤なケースの治療法

電撃性紫斑病の可能性があり重篤なケースだと診断された場合にはすぐに血漿交換を実施します。全身症状として改善が見られるケースもありますが、重篤な場合には紫斑の一部は壊死化してしまうケースもあります。

 

壊死してしまった膿腫は生成してしまった場合には、切断という手段が取られます。壊死した分によりますが、下肢及び上肢の四肢の部分の切断を余儀なくされる事もあり、電撃性紫斑病は迅速で適切な処置ができるかどうかが重要だという事がわかります。

 

重症例の場合は、入院から2日で死亡することもあり、一命を取り留めても四肢切断の後の後遺症が残るケースもあるほど重篤な疾患になります。救命はできたとしても、最終的に四肢末端が虚血性壊死に陥り、救命できても切断を要する頻度が高くなってしまいます。

 

入院後の経過一例を見ても、4日後にショック状態でICU治療、5日目には左手2〜5指や右手指への虚血進行で、黒色壊死に至り、15日目にはICUから一般病棟に戻ったものの、軽度の意識障害や脳出血の後遺症により注意力の低下なども認め、発熱などの不安定症状を繰り返し、末端壊死部の関与が影響していると考えられ、71日目に左の2〜4指の切断、93日目には両足の足指の切断をして、発熱などの症状が治まった症例もあります。

スポンサーリンク