電撃性紫斑病の原因

電撃性紫斑病の原因

電撃性紫斑病の原因

電撃性紫斑病の原因とは

電撃性紫斑病は小児がかかりやすい疾患の1つです。電撃性紫斑病は一般的には急性の病気であり、通常は血液や皮膚病変における凝固因子の枯渇によって特徴づけられます。多くは風疹、ジフテリア、肺炎、猩紅熱などにかかった後に急激に発症します。骨髄炎菌が原因の発病もあるようです。

 

四肢に紫斑症状(出血斑)が現れるという点については、単純性紫斑と同じなのですが、急激に広がっていき、色は青色や赤紫色に変色した後に壊死に至ります。

 

また、新生児にかかる可能性もあり、新生児に起こる場合には“先天性プロテイン欠損症”により起こります。先天性プロテイン欠損症の場合には、生後1〜2時間程度から5日までに電撃性紫斑病を発症することがわかっていています。

 

電撃性紫斑病の症状について

症状としては、悪寒を感じたり、意識障害やけいれんが見られます。24時間〜48時間以内で死亡することが多く、死亡率の高い疾患になります。紫斑の他には、血小板の減少やフェブリノーゲンの低下を伴っています。電撃性紫斑病では、播種性血管内凝固症候群を起こすことがあります。

 

播種性血管内凝固症候群は、毛細血管内に微小血栓(小さな血の塊)が出来ます。その微小血栓によって、多臓器不全を起こしてしまう症候群の事です。当然、出血症状も伴います。新生児に起こる場合も同じで、初めは四肢に出血斑が出ます。その後にそれが急速に広がっていきます。その部分の色が青紫いろから、黒色に変色して、皮膚が壊死してしまいます。

 

急性期を乗り越えた後も、症状が再発することがありますので長期的に経過観察をしながらの治療が必要になります。通常はワーファリンを服用しながら様子を見るケースが多いようです。

スポンサーリンク