単純性紫斑病の原因

単純性紫斑病の原因

単純性紫斑病の原因

単純性紫斑病のメカニズム

単純性紫斑病と置いうと、下肢の皮膚の表面にできる点状の出血斑です。20歳代の女性に多くみられる、ほとんど心配の必要や治療の必要もないものになりますが、はっきりとし原因やメカニズムについては解明されていません。考えられる点としては毛細血管についてです。毛細血管の弱さが、この病気に関係しているのではないかという説が有力です。

 

男性よりも女性に多い事や、家系の中に同じような症状が出る人がいる場合に起こりやすいという事(遺伝性)、や季節でいうと春や秋に置く発生する事、疲労が蓄積されているときに発症しやすい事、女性の月経時に発症しやすい事が多くあります。

 

しかし、紫斑が起きるのが何の前触れもない事が多いことから、検査をしてみないとわからないというのが実態です。実は単純性紫斑ではないという可能性もあるため、医療機関を受診しておくことをお勧めしておきます。

 

検査と治療について

単純性紫斑病の検査としては視診が主な方法になりますが、当然この疾患の場合には、出血性の要因はありません。血小板の数や出血の時間などの検査の値は正常の数値を示します。気を付けなければいけない点としては、他の紫斑病と類似しているという点です。

 

単純性紫斑病の治療方法については、数週間で自然に消えてなくなりますが、万が一数週間で消えないという事であれば、別の疾患も疑わなければいけません。そういった事を念頭に置いておかなければいけません。単純性紫斑についてですが、治療法は安静にしていることになります。

 

当然ですが、激しいスポーツなどを行う事は、血管を刺激してしまうためよくありません。血管を強化するためにビタミンCを利用することもありますが、滅多に利用することはありません。

スポンサーリンク