単純性紫斑病と好発

単純性紫斑病と好発

単純性紫斑病と好発

単純性紫斑病と挫傷の好発について

単純性紫斑病は非常に多くみられる病気です。はっきりとした原因については不明ですが、1つの異常性病態の代表です。通常女性に発症しますが、外傷の記憶がないのに関わらず、大腿部や臀部や上腕に挫傷が出現します。病歴では通常、そのほかの出血異常を伴う病気などはなく、家計の中に同じように挫傷ができやすい人がいることもあります。

 

しかし、重篤な出血が起こらないので血小板の数や、血液凝に関係するような検査を行っても異常は現れないため、好発の紫斑病とも言われています。

 

毛細血管抵抗性減弱を示すこともあり、全ての止血検査成績が正常であるのに皮下止血や下肢の点状・斑状紫斑を特徴とする疾患になります。

 

まれに、粘膜に出血斑をみることもありますが、女性の月経時に現れることがあり、特に治療を必要としない事からも好発性の病気の一つとして考えられています。

 

しかし、紫斑病の中にもいくつかの種類はあります。自分自身で勝手な判断をするのではなく、本当に単純性紫斑病であるのかどうかという事を、血管専門の病院で診てもらう事は必要になります。診断結果を見たうえで、単純性紫斑病であれば好発の病気なので、それほど心配もいりませんし激しい運動などを控え、安静を図るように心がけることが大切です。

 

挫傷を防ぐ方法について

残念ながら、挫傷を防ぐや薬物はありません。アスピリンやアスピリンを含むや薬物を避けるように助言されますが、挫傷がそれらの薬物の使用と関連があったり、アスピリンやアスピリンを含む薬物の使用により、症状が悪化するという根拠はありません。ただ、この病気自体は深刻ではないという事は患者に伝え、不安感を取り除くという事は重要です。

 

予後の良い病気ではありますが、再発しやすいという点については注意が必要になります。

スポンサーリンク