子供の単純性紫斑病

子供の単純性紫斑病

子供の単純性紫斑病

子供の単純性紫斑病について

子供の単純性紫斑病についてですが、血管性紫斑病という分類に入ります。小児が発症する血管病の中で最も頻発する病気の一つになります。免疫系の異常から全身の細い血管が炎症を起こしてしまい、出血することから下肢の皮膚を中心に赤〜赤紫の出血斑が現れます。

 

それと同時に、腹痛や嘔吐症状などがみられることも多く、関節痛を伴う事もあります。状況に応じた対処療法で治療しますが、基本的には安静にしていることが大切です。自宅療養で安静という場合がほとんどですが、まれに入院治療を行う事もあります。

 

血管性紫斑病の原因について

血管性紫斑病の原因については、不明な事も多くありますが「lgA抗体値が高くなっている事」「lgA免疫複合体が見つかる事」などから免疫系の問題によって引き起こされるのではないかと考えられています。通常、風邪や細菌感染症、マイコプラズマ肺炎などにかかった後に発症することから、免疫複合体が産生されます。

 

この免疫複合体が血管に張り付くことで血管炎起こすというメカニズムではないかと言われています。感染から紫斑の症状が出るまでは1週間前後が平均的です。lgA抗体が活発に作られる原因としては、感染症の他にもあります。アレルギーを起こす食べ物であったり、薬剤といったものを摂取している場合には、血管性紫斑病が起こる可能性があります。

 

治療法は対処法となります。特効薬といったものはない為に、自宅での安静となりますが“腹痛が激しい場合”“血便が激しい場合”というのは入院をすることがあります。そのようなン場合はステロイド投与が行われたり、ひどい関節痛を伴う場合には鎮痛剤や非ステロイド系の抗炎症Aを処方して様子を見ます。腹痛がなければ、特に食事の制限を行う必要はありません。

スポンサーリンク