女性の単純性紫斑病

女性の単純性紫斑病

女性の単純性紫斑病

女性の単純性紫斑病について

単純性紫斑病は、点状の出血範斑が多数現れます、その出血班はあらゆる場所に広がり、色素の痕が残るケースがあるので注意が必要です。発症が多いのは若い女性です。紫斑が起こる場所としては、四肢や臀部によくみられます。紫斑は血管や血小板の異常など病気の前兆の事もあります。

 

自分勝手な判断はせずに、病院で検査を受けて医師の診断をもらって、血小板など他の機関に異常がないかを確かめておくのが良いでしょう。また基本的には出血班は盛り上がったりしていませんし、しこりや痒み、痛みを伴う事もなく、当然ですが全身症状といったものもありません。可能性としては、色素が沈着して痕が残る場合があるという事だけです。

 

単純性紫斑病が女性に多いとされている理由

単純性紫斑病の詳しい原因は解明されていませんが、睡眠不足や過労で身体に疲労がたまっているときや、月経の時に症状が悪化する傾向があります。

 

その他に副腎皮質ステロイドを服用している人や高齢者にもみられる傾向にあります。また、男性よりも女性に多い理由としては毛細血管の弱さが関係しているのではないかと言われています。

 

また、遺伝的要因でなりやすいという事もあります。何らかの理由で弱くなってしまった毛細血管から、血液が漏れ出してしまい、皮膚上に紫斑が発生するというものです。

 

ビタミンCには血管を強くする効果があります。そのため、ビタミンCのサプリメントを取ったり、薬を服用したりする事もあります。単純性紫斑病の予後は比較的良く、大きな心配は必要ないとされていますが、再発をしてしまうケースもありますので、経過検察をしっかりしておくことが、再発原因を防止することになります。

スポンサーリンク