単純性紫斑病の足や腕などの四肢の特徴

単純性紫斑病の足や腕などの四肢の特徴

単純性紫斑病の足や腕などの四肢の特徴

単純性紫斑病について

単純性紫斑病は女性に多く、年齢でいうと20歳代の方の皮膚によく起こる出血斑で痛みやかゆみを伴わないというのが特徴になります。しかし、気を付けなければいけないのが色素沈着になります。

 

毛細血管が男性に比べると弱い音から女性の疾患率が高い事や高齢者や副腎皮質ステロイド服用者も同じことが原因で、起こる疾患になります。紫斑とは浅いところの出血になり、その名の通り位紫色を示しているというのが特徴になります。

 

そして、色素沈着についてですが、通常は2〜3週間ほどで消失しますが、消失後に残る永久の色素沈着については、主に潜血後の非吸収性色素の種類により痕が残ってしまいます。単純性紫斑病であるのか、別の理由が原因で紫斑が起きているのかを確認するために、異常があると思ったら血液専門の医師の診察を受けておくのが良いでしょう。

 

単純性紫斑病の発症しやすい部位について

出血斑として症状が出やすい場所は足と、腕になります。特に多い場所としては「大腿部」「臀部」「上腕」になります。重篤な症状を起こす心配がないので、過度に心配する必要がありませんが、血管以外の疾患がある際にはアレルギー反応が原因によって起こっていることもあり、シェーンラインへノーホ紫斑病である可能性もありますので、しっかりとした診断が必要になります。

 

単純性紫斑病の症状としては、紫斑による発疹が足や腕の四肢以外に広がったり、何らかの全身症状が起こったりという事はまずありえません。発疹の状態としては、粟のくらいの小さい出血斑で、大きいものでもせいぜい米粒大くらいまでです。これも単純性紫斑病の顕著な特徴の一つになります。

 

それ以外の症状も伴うという事であれば、別の疾患を併発している可能性もありますし、別の紫斑病の可能性もありますので、気を付けなければいけません。

スポンサーリンク