単純性紫斑病は治らないのか

単純性紫斑病は治らないのか

単純性紫斑病は治らないのか

単純性紫斑病治療

単純性紫斑は、赤紫色の出血班(皮下に生じる点状の出血)が四肢のいたるところに多数現れる疾患です。しばしば、皮下出血を起こすことで紫斑が出来ますが出血傾向がなく血液凝固能力にも異常がないものを指します。

 

単純性紫斑病そのものは、全く心配する必要のない状態で、治療も必要はありません。20代の女性で多い疾患になります。春と秋に多くみられます。

 

治療法という治療法はありませんが、数週間で自然に治癒することが多く、痛みやかゆみも伴わない事が多い為に、治療する必要がありません。場合によって、血管を強くするためにビタミンC等の薬を内服します。一般的には運動などを避けて、安静にするというのが治療法になります。

 

単純性紫斑病治らない

基本的に、「単純性紫斑病は治らない。」ということはありません。基本的には自然に治る病気です。単純性紫斑の場合は予後が良好などで心配はないのですが、一度消滅しても再発する可能性が高いので注意は必要になります。

 

気を付けなければいけない点としては、本当に単純性紫斑病なのかという、正しい診断が必要になります。再発を繰り返し起こすようであれば、違った要因も考えられますので専門医で相談する必要があります。

 

紫斑というものは血管や血小板の異常など、思い病気の前触れの事もありますので、検査をしてみなければ本当の病名が分からかったり、治療が必要なのか必要ではない物なのかがわからずに、治療が遅れてしまうこともあります。

 

軽傷の血小板機能異常症や血小板機能異常症を単純性紫斑病と見誤っている可能性もありますので注意が必要です。単純性紫斑病に関しては、治る病気ではありますがしばしば紫斑が出来るのであれば、血液専門の医師の検査を受けて異常がない事を確かめておくことが良いでしょう。

スポンサーリンク