単純性紫斑病と関節痛

単純性紫斑病と関節痛

単純性紫斑病と関節痛

単純性紫斑病について

単純性紫斑病については女性に多い病気です。特に20歳代の方の皮膚に好発する出血班です。痛みやかゆみはありませんが、特に色素沈着をしてしまい痕が残ってしまうという事があります。女性にとって痕が残ってしまうというのは、心の傷にもなりますので油断できない症状です。

 

原因は不明ですが、過労や月経の時に悪化しやすいという事もあります。時期でいうと、春や秋などの穏やかな季節に生じることが多い傾向にあります。

 

単純性紫斑については米粒大の粒粒とした出血斑が多数現れます。その出血班はあらゆる場所に拡散して、後が残るケースもあり症状は四肢・特に下肢に多く発生します。出血斑に隆起やしこりといったものは見られません。

 

かゆみや痛みといった症状もなく、合併症を招いたりする恐れもありません。一部、副腎皮質ステロイド薬を使用して疾患を治療している方に発症することがあります。どちらにせよ、なるべく激しースポーツなどは控えて安静を心掛けた生活をして過ごします。

 

単純性紫斑病と関節痛について

紫斑病は血管に原因がある場合と血小板の以上によって引き起こされる場合があり、単純性紫斑病の場合は血管に原因があると考えられています。この血管に問題があるとされている紫斑病は、血尿や関節痛、腹痛などを伴う事もありますが、だいたいの場合には時間とともに改善します。

 

アレルギー性血管性紫斑病は軽症型とも言われていますが、アレルギー性血管性紫斑病は胃腸、腎臓、関節症を伴い時には重症になるという可能性がありますので、十分に経過を見る必要があります。また、初期には区別がつかないことがあります。何らかの症状を感じたら、早めに診察を受けることが大切です。

スポンサーリンク