血栓性血小板減少性紫斑病と膠原病

血栓性血小板減少性紫斑病と膠原病

血栓性血小板減少性紫斑病と膠原病

膠原病について

膠原病とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症がみられる病気の総称で原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共有してみられます。女性と男性を比べてみると、女性に多くみられる病気で、比較的若い女性の原因不明の発熱として発見されることが多くリウマチなど、数種類の病気が含まれています。

 

原因不明の病気と言われてきましたが、遺伝子の研究が進むようになり、一部の膠原病では遺伝的な要因も考えられるようになってきました。しかし、遺伝的な要素だけで発病するわけではなく、膠原病の発病には、いろいろな環境因子と呼ばれるものがあり風邪などのウイルス感染が引き金となって発病したり、紫外線の影響を受けて発病したりすることも多くあります。

 

膠原病は自己免疫疾患です。膠原病の患者の血液中には自分自身の構成成分と反応してしまうリンパ球(自己反応性リンパ球)や抗体(自己抗体)が見つかり、これが膠原病を引き起こす原因とも言われています。

 

そのため、膠原病の治療には、病気を引き起こすリンパ球の働きを抑えたり自己抗体が作られるのを抑えるために副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)や免疫抑制薬が用いられます。

 

膠原病の原因というのは、完全にはわかっていない物の、膠原病の発症メカニズムが次第に解明され地検に基づく新しい治療方法というものが開発されています。

 

血栓症血小板減少性紫斑病と膠原病について

血栓症血小板減少性紫斑セの寛解後に膠原病を発症するケースもあります。膠原病の発病原因は環境因子とされていますが、その一つの要因として血栓症血小板減少性紫斑病がが挙げられます。

 

メカニズムは不明な店舗ありますがが、糖たんぱくに対する自己抗体が産生されることで、微小血管内の内皮細胞障害が生じるために発症するものと推察されています。

スポンサーリンク