血栓性血小板減少性紫斑病と血漿交換

血栓性血小板減少性紫斑病と血漿交換

血栓性血小板減少性紫斑病と血漿交換

血栓症血小板減少性紫斑病と血漿交換

血栓症血小板減少性紫斑病の治療について

初めに考えられる治療としては、血漿交換で血漿交換療法と呼ばれるものです。体外に血液を導き、特殊な膜を通すことで正常な血液成分はそのままとして、問題がある血液成分を健康な人の血液成分と交換する治療法の事です。この治療法は血栓性血小板減少性紫斑病には、とても有効な治療法だとされています。

 

その他に血漿交換をしなくても、血漿を注射するだけで、症状が軽減するケースもあります。また、血栓の形成を防ぐ抗血小板薬を使用する治療も効果的だとされています。それに合わせてステロイドの(副腎皮質ホルモン)使用することもあります。

 

血漿交換療法について

血漿交換とは、「血液を採取して血漿を取り去り血球部分を再び血液を提供した人に戻す。」という方法になります。血球は別の同じタイプの血漿や血清アルブミンなどと混合して、体内に戻す場合が多く血漿の特別の成分を利用しようとする場合や血漿中の有害成分を除くための治療などに用いられています。

 

血栓血小板減少紫斑病の基本は血漿交換療法になります。血漿交換は新鮮凍結血漿を50ml/kg/日を3日〜5日間連続して行います。血小板の数や腎機能を見ながら、血漿交換を実施する感覚を調整します。血漿交換を1回〜3回実施すると効果がみられてきますが、効果測定のために10回程度実施するケースが多くみられます。

 

例えば、膠原病に伴う血栓症血小板減少性紫斑病の場合は、血漿交換の有効性が知られりょうになり治療の効果が向上しています。血栓性血小板減少紫斑病で行われる、血漿交換については、血漿交換とともに血漿輸血を行う事もあり、この両者を併用する方法の事を血漿交換療法と呼びます。

スポンサーリンク