特発性血小板減少性紫斑病の原因

特発性血小板減少性紫斑病の原因

特発性血小板減少性紫斑病の原因

突発性血小板減少紫斑病の原因

突発性血小板減少性紫斑病とは、明らかな基礎疾患や原因の薬剤の関与がないのにも関わらず、血漿画板の数が減少し、出血少女を引き起こす病気です。血小板以外の赤血球や白血球の数値に異常が見られないというのも特徴です。

 

急性型は2歳〜5歳に多く起こり、男女比がありません。感染の原因としてはウイルス感染や予防接種になります。出血症状としては強い症状が出ており、ほぼ6か月で治ります。

 

逆に慢性型の特徴としては20歳〜40歳に起こり男女比でいうと、男性より女性の方が2〜4倍発症する傾向にあります。発症時期に関してはわかっておらず、感染源もわかっていないという状況です。出血症状などがない場合もあるため、難病認定されている病気の1つです。

 

なぜ、血小板が減少するのか

何らかの下人で血小板上の糖蛋白に対する、自分自身の血小板を破壊する抗体である血小抗体が賛成され、血液中で血小版に結合します。しかし、この血小板の抗体が結合した血小板は脾臓などに取り込まれ、脾臓のマクロファージという細胞にに破壊されてしまい血小板が少なくなるという現象が起こります。

 

近年では血小板の抗体は骨髄での血小板生産機能を阻害し。血小板を低下させるといわれています。自分自身の血小板を破壊する、自己抗体についてできる原因ははっきりしたことがわかっていません。

 

診断するに当たっては、他の原因で血小板が減少していないという事をはっきりさせたうえで、抹消決意駅検査や生化学・免疫血清学的検査などを行います。場合によって、骨髄での血球賛成状態や形態異常を知るために骨髄検査を行うという事もあります。血小板が減っている原因をはっきりさせることで、初めて診断名がつけられます。

スポンサーリンク