特発性血小板減少性紫斑病の治療薬

特発性血小板減少性紫斑病の治療薬

特発性血小板減少性紫斑病の治療薬

突発性血小板減少性紫斑病の治療について

突発性血小板減少紫斑病の患者さんの場合、出血症状であったり、血小板の数であったり、個人個人のライフスタイルに応じた治療というものが考慮されます。治療の目標としては、血小板の数値目標をまず設定して、少なくとも3万/μL以上に維持できるように維持するというのは一つの模様になります。

 

治療の理想木曜としては10万/μLを維持することが出来て、出血症状がない状態というのが理想的で、治療の中止の基準の一つになります。もう一つの治療の目安は少なくとも3万/μL以上、可能であれば5万/μL以上、で出血状態がない状態を目標とします。

 

ガイドライン

まずは治療のガイドラインになります@突発性血小板減少性紫斑病の診断 Aヘリコバクター・ピロリ菌検査を行います。

 

ここで2つに分かれますが、“陽性”だった場合はピロリ菌除去金武療法に移ります。治療の効果が出れば、「ピロリ菌関連血小板減少症」と診断されます。

 

次に、ピロリ菌除去療法で治療の効果がなかったり、Aのヘリコバクター・ピロリ菌検査が陽性だった場合には、検証版減少が顕著であるか、出血症状がある場合があります。

 

そういった場合には、副腎皮質ステロイドを利用した治療を行います。しかし、ステロイドを投与しても症状が改善されなかったり、ステロイドの副作用により、治療の件族が困難だと判断された場合には、脾臓摘出手術を行う場合があります。脾臓摘出手術をしても効果がない場合や、脾臓摘出手術が困難であると診断された場合には、他の薬物治療を行う選択になります。

 

Aのヘリコバクター・ピロリ菌の除去療法についてですが、陽性であれば除菌作業を行い80%もの患者で効果が期待されます。その先の副腎皮質ステロイド両方については、免疫抑制作用があり、抗体の産生や脾臓のマクロファージによる抗体結合血漿場の補足を抑制します。血小板の数値を見ながら減量・中止をします。

 

最後の脾臓摘出手術については、血小板は主に脾臓のマクロファージにより壊されるために、除去するという方法です。

スポンサーリンク