特発性血小板減少性紫斑病の看護

特発性血小板減少性紫斑病の看護

特発性血小板減少性紫斑病の看護

突発性血小板減少紫斑病の看護について

免疫学的機序により、血小板が破壊され、血小板減少をきたすもので血清中のlgGが拘置を示します。骨髄では巨核数が正常もしくは増加し、血小板の生成のみられないタイプで巨核球がほとんどを占めます。6か月未満で治癒する急性型、6か月以上の治癒を必要とする慢性型に分けられます。

 

急性型が90%を占め小児におおいのですが、慢性型は発症の時期もはっきりしないため看護をする側も原因ついgまでに時間がかかってしまい大変です。

 

突発性血小板減少の経過と管理

血小板減少に伴う出血の危険性というものもあるため、出血の原因を早期に発見するとともに外傷を避けなけません。そのために安静に入院生活を送るように促されます。また、副腎皮質ステロイド治療が行われる場合には副作用、合併症を起こさないようにすることが大切です。

 

看護計画としては軽傷の場合であれば、安静にして外傷を避ける。という事が目標になりますので、無投薬であるかもしくは血管強化剤のない服を行います。中症という診断された場合には、副腎皮質ステロイドを持ちいまうすが副作用や、合併症の注意が必要です。

 

重症と診断された場合には高度の出血症状があるときや、血小板の減少が著名な場合は、急速な血小板の増加を期待した免疫ブログリンの大量両方を行います。免疫ブログリンの大量療法が出来ない場合。または効果がない場合には副腎皮質ステロイド大量療法やメチルプレドニンパルス療法という両方を行います。

 

また、慢性型の場合には、脾臓の摘出が2/3例で有効であるとされています。検査で自分がどの段階にあり、治療の程度でどの程度回復したのかといった事を観察しながら治療方法を決めていくことが大切です。

スポンサーリンク