アレルギー性紫斑病と関節痛

アレルギー性紫斑病と関節痛

アレルギー性紫斑病と関節痛

アレルギー性紫斑病と関節痛について

アレルギー性紫斑病の関節痛は特に下肢の関節痛がみ現れますが、その中でも膝の関節痛が多くみられます。しかし関節炎とは異なり関節が貼れるという事は少ないと言われていますが、実際に関節が張れてしまうというケースもあります。しかし、関節の変形は起こりません。

 

関節痛が起こるメカニズムとしては、アレルギーとはアレルゲンに対して炎症を起こしている状態です。(花粉症も家風がアレルゲンになります。)基本手的に身体が拒絶をしている反応なので、その部分だけでなく、実は全身に影響を及ぼしています。

 

ある特定のアレルギーで身体が炎症を起こし、それが関節の炎症を起こしてしまうために関節痛という形で痛みが生じます。そのため、アレルギー性紫斑病の場合、どこから症状が出てくるかというのはわかりません。そのために、腹痛が原因で紫斑症状が出ていない場合などは盲腸だと誤診をしてしまう事もあります。

 

関節炎にかんしてもアレルギー反応の一つになりますので、当然反応として関節に痛みが出る人も射れば関節に痛みが出ない人もいますが、体内に異物が入ったという認識で、関節にも痛みが現れる可能性があります。

 

アレルギー性紫斑病の関節痛の治療について

アレルギー性紫斑病の症状の中の関節痛についてです。膝や足の関節に好発する関節痛が60%程度見られます。関節痛が起きている場合にはアセトアミノフェンや湿布などを使用しますが、症状が重い場場合にはストロイドをしようすることが多くあります。

 

重症ンお場合には免疫抑制剤などを使用したという報告があります。この病気は「小児性特定疾患」として医療費の補助を受けることが出来ます。

スポンサーリンク