アレルギー性紫斑病による腹痛

アレルギー性紫斑病による腹痛

アレルギー性紫斑病による腹痛

アレルギー性紫斑病による腹痛

アレルギー性紫斑病による病気の特徴としては下半身か臀部を中心とした紫斑(発心)や腹痛、浮腫、腎炎、関節痛といったものが上げらえます。

 

腹痛が起こる原因としては、腸管の血管透過性が高まるために、腸管の壁が浮腫してしまう事が腹痛の主な原因と考えられています。

 

かなりの腹痛で激痛と感じることもあります。アレルギー性紫斑病の場合、何が順序として症状が現れるという事が決まっているわけではありません。紫斑が出る前に腹痛が発症してしまった場合に、虫垂炎(盲腸)と間違えられる場合もあります。

 

またまれにではありますが、腸腫積と言われる、腸が腸そのものに入ってしまい、最悪の場合には腹膜炎を起こして死亡するという乳児に多い病気を合併する場合もあり、腹痛が起こる場合には、しっかりとした原因を見つけ適切な処置を取ることが重要です。

 

アレルギー性紫斑病による治療

紫斑という症状だけではあれば、無治療で経過観察をするという方法が取られます。しかし、紫斑が悪化しないようにするためにも安静にする必要というのはあります。そしてアレルギー性紫斑病で気をつけなければいけないのは腎症です。

 

腎臓の発症の可能性があるために定期的な尿検査の必要や、腹痛や関節痛で日常生活が困難になるケースがまれにあります。そのため目、入院が必要となる場合には、副腎皮質ステロイドを体内に投与します。

 

副腎皮質ステロイドについては、急性期と呼ばれる時期の少女運の改善に有効ですが、腹痛を伴う場合には消化管から吸収をすることが出来ないために静脈内投与をすることが多くあります。ステロイドを投与するといっても病気の全経過としてはおよそ4週間〜6週間と短期間であることから、副作用の心配は殆どありません。

スポンサーリンク