アレルギー性紫斑病と運動制限

アレルギー性紫斑病と運動制限

アレルギー性紫斑病と運動制限

アレルギー紫斑病と運動制限について

発症年齢が5歳〜15歳という事を考えると幼稚園や小学生という時期で、運動の時間や休憩時間に外で遊ぶといったケースもあるはずです。当然、病気が発症した急性期に関しては、運動制限が必要になります。しかし、一度治ってしまえば特に運動制限をするという必要はありません。

 

運動制限が必要な場合のアレルギー性紫斑病

基本的にアレルギー性紫斑病に関しては、急性期である時期を過ぎてしまえば運動制限をする必要がありません。

 

当然、病名がわかり安静にしていれば2〜3か月で再発を繰り返すことなく治る疾患ですが、病気の原因がわからずに、激しく動いたりしてしまうと、当然ですが全身を張り巡らせている細い血管である毛細血管がもろくなっているわけですから、出血して紫斑が出てしまうので注意が必要です。

 

基本的には安静をするのが一番です。しかし、完治したという判断であれば運動は問題なく行ってください。

 

もう1点注意をしなければいけない点としては、紫斑性腎炎を合併した場合で腎臓の機能が悪いという場合です。そのお他には高血圧の症状が出ている場合なども運動制限が必要になります。

 

紫斑病性腎炎を発症している場合でも、症状は軽度〜重度まであります。重症の場合には腎不全に陥ってしまう児童もいます。同然、子供の場合には言われたことを素直に聞くという事が難しく、大人であれば「安静にしていてください」と言われれば安静にしているのは、比較的容易な事ではありますが、子どもの場合身体に痛みなどを伴わないと「じっとしているのが苦手」という子供もいます。

 

しかし、腎不全などのリスクを考えた場合は運動制限をして、安静にするという事が大切です。経過を見て、医師の診断のもとで運動を行う必要があります。

スポンサーリンク